スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『進撃の巨人 第11巻』レビュー。ライナーのおかしな行動の秘密が明らかに。

一般漫画
08 /10 2013
あまりにもあっさりと重大な秘密がバラされ、

とんでもない展開になった前巻から続いて、

鎧の巨人、超大型巨人とのバトルが展開されます。

エレン VS ライナー の戦いは熱いものの、巨人対巨人という戦いは

怪獣映画を見ているようで、今ひとつ盛り上がりに欠けました。


やはり、卑小な人間が巨人に挑むという構図がカッコいいんですね。

アニメ版を見た後だと、絵の粗さとかデッサンとかがちょっと気になりますね。

独特の荒削りな魅力とも言えますが。

広範はエレン側とライナー側、ふたりの間に立つユミルとの間で

高度な心理戦が繰り広げられます。

ライナーはずっと前からおかしな言動、行動と言葉が一致しないなど

がつづいていましたが、本巻ではその秘密も描かれています。

進撃の巨人(11) (講談社コミックス)

諫山 創 講談社 2013-08-09
売り上げランキング :
by ヨメレバ
関連記事

コメント

非公開コメント

yokoshima

まんがやオナニーグッズの紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。